女声ボイストレーニング Rose Ladies School

MtFさん、女装子さん、女声を出してみたい男性に、女性ボイス&女性ボーカルの発声方法をレクチャーしています。
サイトメニューを開く

ダイレーションの裏技を説明する前に

あくまでも個人の感想や意見です

ここではダイレーションについての、ちょっとしたお得情報(?)みたいなことをまとめています。

ですが、内容のほとんどが私個人で経験したことをまとめたことなので、個人の主観や感想と思ってください。また、ヤンヒー病院で手術を受けましたので、他の病院のことは分りません。
ヤンヒー病院で2014年7月に手術を受けた一個人がまとめたコンテンツであることを、最初にご理解ください。

ページのトップに戻る

表現等の注意

どうしても性的にストレートな表現をしていますので、そのような話題が苦手な方、そして未成年者は閲覧を控えてください。

また性感をより得られるようになるためのトレーニングも紹介していますが、そちらではアダルトグッズを写真付きで露骨に紹介をしています。そちらコーナーは、苦手な方の閲覧は控えていただき、未成年者は閲覧を禁止いたします。

ページのトップに戻る

※完全な自己責任でお願いいたします※

このページやその先の内容は、あくまでも閲覧者個人の判断と責任でのみ参考にしてください。いかなる事故やケガ、トラブルなど負ってしまったとしても、当方は一切の責任を負いかねます。

ページのトップに戻る

ダイレーションの裏技

そもそもダイレーションって何?

MtFの性別適合手術(以下、SRSと表記。DSM-5以降のGRSと同じ)には、膣を作る造膣有りと、外見だけを作る造膣無しの2種類があります。どちらを選ぶかは個人の完全な自由ですので、どちらが正解など一切ありません。
ここでは、造膣有りのSRSを行って、膣も手に入れた方への情報になります。

造膣の手術には、反転法とS字結腸法の2つのメジャーな方法があります。
反転法は陰茎や陰嚢の皮膚を表と裏をひっくり返して(反転して)、それを膣壁にします。
S字結腸法は大腸と直腸の間にあるS字結腸を開腹手術によって摘出し、それを膣壁にします。

どちらの手術を受けたとしても、身体にとって作られた膣は、大きな傷でしかありません。ですので、回復機能が働いて、膣を閉じよう(傷を治そう)とします。ピアスの穴を開けたことがある人なら、想像がしやすいと思います。
その閉じようとする身体の機能を阻害し、傷ではなくて膣として身体に安定させるための処置が、ダイレーションです。
ダイレーションを行うには、ダイレーターという棒状の器具を使用します。大きさは様々ありますが、最終的には男性器を受け入れられる太さや長さ(後述)に拡張することになります。

SRSを受けてからしばらくすると、ダイレーションが始まります。SRSの最中に膣には潤滑ゼリーがたっぷりと塗られたガーゼが詰められていますが、抜糸をするときにその詰め物が取り出されると、そこからダイレーションが必要になります。

潤滑ゼリーを塗ったダイレーターを、膣に挿入……と書くとオブラートに包みすぎなので、脅すわけではありませんが、せっかくですので事実を表現しますね。実際は膣とは名ばかりの傷口に固いダイレーターを無理矢理突き刺していく、というのが術後に経験するダイレーションです。ですので、ハッキリ言って痛いです。
数週間~数ヶ月は痛みが伴うダイレーションですから、ここでくじけてしまわないようにするのが、最大の試練かもしれません。特に退院してからは自分一人で全てを管理しなければなりませんから、サボって膣が閉じてしまうことのないよう、計画的にダイレーションを続けていく必要があります。
生活サイクルの中に、ダイレーションタイムを組み込んでおきましょう。

ページのトップに戻る

挿入時の体位

体位一つで、挿入時の痛みもかなり変わってきます。
できるだけ、頭から足先までまっすぐにしておいた方が、挿入しやくすなります。

・枕は低めにする
・あまり膝を立てない
・腰を少しだけ浮かす(小さなクッションを腰枕にするのも良い)

まっすぐな姿勢で横になれる場所で、ダイレーションをしましょう。
ベッドやお布団の上でする必要は全くありません。
ぶっちゃけ、立ったまま挿入するのもアリです。

ページのトップに戻る

(あまり)痛くないダイレーターの挿入方法

まず、ダイレーターにコンドームを被せます。そして、滑りをよくするための潤滑ゼリーを塗るのは当然です。膣液が分泌されるS字結腸法でも、膣口は濡れていませんのできちんと塗りましょう。
多すぎると膣口の周りがベトベトになってしまいますし、少ないと挿入しづらいので何度かダイレをしていく中で適量を覚えてください。
潤滑ゼリーを塗るときは、必ず綿棒を使いましょう。膣内の傷や炎症が治った後ならば指でも構いませんが、そうすると指についたゼリーを拭き取る必要があるので余計な手間になります。

挿入するときは、手鏡などで膣口を見ながら行いましょう。何ヶ月も掛けて何度も何度もするので、次第に場所が分ってくると思います。慣れてきたら手鏡無しで挿入する練習もしておくと良いです。なぜなら、外出先のお手洗いに入ってダイレをするという場面もあると思いますので、そのときに役立つからです。

ダイレーターの先端を膣口に当てたら、息を止めるか吐きながら、ゆっくりと挿入していきます。リラックスするのが大切です。
少し入ったら、まだ慣れていない内は時計回りにダイレーターを静かに回しながら入れていきます。このときにグルグルと回しすぎないように気をつけてください。膣口の皮膚を引っ張ってしまい、炎症などを起こしてしまうかもしれません。私は回しすぎて、ダイレ後の洗浄の時にしみて痛かったのですが、その理由がダイレーター挿入時の回しすぎでした。それに気付いたのは、ダイレ歴2ヶ月を過ぎてからでした(照)

回しながら挿入してもなかなか進まないとか痛くて辛いときは、そこで一度手を休めます。または、ほんの数cmか数mmだけダイレーターを抜いて10秒ほど休みましょう。このときに完全に引き抜いてしまわないように。
10秒ほど休むと神経の刺激も軽くなるのと、無理矢理開かれて拡張に慣れず痛みが出てしまった膣内が落ち着きます。

回しながら挿入→辛くなったら10秒休む→再開→……と繰り返していきます。

膣は一直線ではありません。膣口からGスポットがある5~7cmくらいのところまでは背骨に対してほぼ平行ですが、その辺りからおへそ側に少し折れ曲がっています。
膣口からGスポット辺りまで _ のような感じだとすると、
Gスポットから膣奥までが / のような感じになっています。

横から見ると _/ ような形をしているので、途中まで順調に挿入できたはずなのに、突然入りづらくなってしまいます。
ですので曲がり角に来たら、ほんの少しだけダイレーターを斜め上向きに挿入してみてください。角度が合うと、意外なほどあっさりと先に進み出します。

慣れてきたら、この曲がり角の部分にGスポットがあることを意識してダイレーションをすると、この先でお話をする性感についての手助けにもなります。

最奥(純膣でいうと子宮口)が、手術の時に最も切ったり貼ったり縫ったりをした部分なようで、とても痛む部分です。手術から3ヶ月は無理をせずに痛いところから先はあまり攻めない方が良いでしょう。出血する危険性もありますし(とはいえ、ダイレ初期はダイレーターを抜いたら血が付いているなんて当たり前のようにあるので、あまり気にしすぎてもいけないのですが、滴るようには出血しません)、膣奥の傷口を広げてしまうことも考えられるので、無理は禁物です。

現状の最奥まで挿入できたら、そのまま15分ほど安静にしていると痛みや違和感もかなり軽くなっていると思います。そうしたら、ほんの数ミリだけダイレーターを押し込んでおきましょう。これをしないと、膣の深さがじわじわと浅くなっていってしまいます。
私は帰国後ですが膣口に大きな傷口ができてしまったこともあって、この奥にもう一押しをすることがあまりの痛さで出来なくなってしまいました。その結果、術後すぐは約12cmあった深さが3ヶ月後に10cm弱まで浅くなってしまったのです。その後にダイレーションをしながら拡張を頑張ったので、11.5cmまで戻ってくれました。
どのように拡張していったのかは、後述します。

ページのトップに戻る

病院から支給されるダイレーターは固いことが多い

ヤンヒーから支給されたダイレーターは、反転なので2本でした。S字の場合は、3本です。反転もS字も太さ30mmで長さが18cmのメインダイレーターと、就寝時に挿入しておく太さ20mmで長さが10cmほどのロウソク(にしか見えない)就寝時ダイレーターは共通です。S字はこれに、先端が細くて徐々に30mmの太さになるキリのような形のダイレーターも支給されます。

病院支給のダイレーターは固いプラスチックで出来ているので、どうしても当たりが強くてまだまだ傷口の膣にはちょっと辛いと思います。
ちなみに下の写真をよく見てみると、少し物さしがズレちゃっていますが、5インチ(約12.8cm)と6インチ(約15.2cm)のところに、溝が入っています。

入院中のダイレでは、看護婦さんに5インチまで無理矢理って感じに挿入させられていました。

そこで便利なのが、シリコンで作られたダイレーターです。

ページのトップに戻る

柔らかいダイレーターを使って快適なダイレライフ

医療器具メーカーと共同開発をしたというアクアビューティさんのシリコンダイレーターは、アクアビューティwebサイトで通販をしています。なので帰国後に何はともあれ、これを2本購入しました。
28mmと30mmをそれぞれ1本ずつで、28mmは外出しているときにダイレーションするときの持ち歩き用、30mmは家でじっくりとするとき用……のつもりだったのですが、外出してダイレーションをしたのが数回しかなく、しかもどちらも30mmを使ったので28mmは一度も使わずに記念品になってしまいました(笑)

シリコンダイレーターは自分の膣の深さにあわせて、カッターなどで簡単にカットすることができます。
まず、長さ18cmなので私の膣深より2cm長めの14cmでカットしました。それから、挿入中に座ったときカットした部分が椅子などに当たると膣へ負担が掛かってしまうので、面取りをしました。
ちょうど大根の面取りをするような感じです。

シリコンダイレーターを2cm長めにしたのは、ぴったりにすると全て膣に入ってしまって抜けなくなってしまうからです。
カットするときは、この点に気をつけてください。

こんな感じで、柔軟性もあります♪

そして先端はこんな感じにつるんとしています。長い方が太さ28mmのカットしていない長さ18cm、短い方が30mmのカットした14cmです。

ページのトップに戻る

柔らかいダイレーターを使って快適なダイレライフ

医療器具メーカーと共同開発をしたというアクアビューティさんのシリコンダイレーターは、アクアビューティwebサイトで通販をしています。なので帰国後に何はともあれ、これを2本購入しました。
28mmと30mmをそれぞれ1本ずつで、28mmは外出しているときにダイレーションするときの持ち歩き用、30mmは家でじっくりとするとき用……のつもりだったのですが、外出してダイレーションをしたのが数回しかなく、しかもどちらも30mmを使ったので28mmは一度も使わずに記念品になってしまいました(笑)

ページのトップに戻る

潤滑ゼリーも必須アイテム

ダイレーションの必須アイテムで、一番金食い虫の消耗品が潤滑ゼリーです。
ローションでも構わないのですが、ベタベタしているのでオススメはできません。また、水に流しやすいタイプだとしてもヌルヌルしているので、服や指に付いたりしたときに、ちょっとやっかいなことになります。
なのでベタ付きがなくて、乾くと水と同じように消えて無くなってしまう潤滑ゼリーをオススメします。

メジャーなのが、ジョンソン・エンド・ジョンソンより発売されている【K-Y JELLY(ケーワイゼリー)】です。

しかし国内では生産されていないので、タイで購入してから帰国するか、それ以外は基本的に通販で取り寄せることになります。薬局にお願いすれば、取り寄せてくれることもあります。
K-Yゼリーは、42g、84g、100gの3種類が主に流通しています。通販サイトによって値段はまちまちなので、最安値ショップを探して購入することになると思います。ちなみに私は100gの物を30本購入しましたが、これは南アフリカ産です。
信頼できるメーカーなので問題はないと思います。
まとめ買いで上手に購入できれば、1本あたり600円くらいで買えることもあります。私はYahoo!ショッピングで1本1050円で購入しました。

国産が良いという方には、医療機関でも使われている【ヌルゼリー】という潤滑ゼリーがあります。

メーカーも日医工ですので、純国産です。こちらも意外とお値打ちで、100g入りを800円以下で買うことができます。

どちらも使用していますが、違いは全く分りません。
ただ単に違いを感じられない鈍感な膣なのかもしれませんけれど……(笑)

ページのトップに戻る

ダイレーターを抜くとき

ダイレーターを抜くときも、リラックスして静かにゆっくりゆっくりとです。絶対に一気に勢いよく抜いてはダメです。膣を傷付けてしまいます。
寝たままか、便座に座った状態で抜くのが楽です。
立った状態では膣が少し奥へ入ってしまうので、ダイレーターが抜きづらくなってしまいます。

抜くときも膣の向きを考えながら行えば、楽に済ませられるでしょう。

ページのトップに戻る

膣内の洗浄

純女さんの膣洗浄

まず最初に知識として覚えておきたいのは、純女さんの膣(以下、純膣と表現)のことです。
純膣内は常在菌の働きで、強酸性に保たれています。なので毎日のように膣内洗浄などしません。ましてや石けんなどで膣内を洗うなんて以ての外の行為です。純女さんには膣洗浄をしない人も多くいますし、する人でも経血を洗い流すことを目的としている人がほとんどです。
純女友達が教えてくれたのですが、ちょっと色気づく年頃になると、すそわきがなどが気になって、膣内を石けんで洗ったりしてしまう人がいるそうです。そうすると、強酸性で外部からの雑菌より守っていたバリアが壊れてしまい、感染症にかかってしまう人が出てくるそうです。この辺りを理解せずに純女の仲間入りとばかりに話をして、リードされる……なんてことがないように気をつけてくださいね。

また、温水便座などについているビデの機能ですが、あくまでも外陰部を洗う物であって、膣内を洗うものではありません。間違った使い方をしないように、気をつけてください。

ページのトップに戻る

私たちの膣洗浄

ダイレーションをした後は、膣内の洗浄をしなければいけません。これは、手術後の感染症を防ぐための意味合いと、潤滑ゼリーや壊死などして剥がれ落ちた組織を洗い流すためです。
S字結腸法の場合は、腸液が膣液として膣内を洗浄してくれますから、ダイレーションを苦も無くできるようになったら毎回する必要はないそうです。
しかし反転法の場合は、膣壁が皮膚ですから自浄作用がありません。身体の皮膚と同じように新陳代謝をしているので、洗浄をしないと垢が溜まってしまいます。
私はダイレーションをしたら、潤滑ゼリーを洗い流すこともしたいので、そのときに膣内洗浄も一緒に行ってしまいます。

外陰部もお風呂で身体を洗っているときに、ボディーソープを泡立ててから優しく洗っています。
小陰唇の内外に溝もありますから、そこに垢などが溜まらないようにしましょう。

ぶっちゃけ、反転法にして良かったと強く思っているのは、洗浄するときにあまり気を遣わなくて済むことです(笑)
膣壁が皮膚ですから、常在菌とか酸性度とかほとんど気にする必要がありませんもんね。

ヤンヒー病院を退院するときに支給された大きなスポイトのような洗浄器ですが、ゴムで出来ていますから内側が時間とともにカビていきます。半年間はそれを使い続けましたが、口の部分に黒いシミのようなものができてきたので、ついにカビてきちゃったのかと察しました。
そこからは、使い捨てのベネトンビデ(オカモト株式会社)を使って洗浄をしています。

ノズルが膣に挿入しやすい作りになっていますし、中には生理食塩水が入っているので、使い心地はとても良いです。
説明書には再使用禁止とありましたが、反転法だし、今まで使っていたゴム製のソレはきっと中もカビで真っ黒になっていただろうから……と考えると、きちんと容器とノズルを洗えば2週間くらいの再使用は大丈夫なんじゃない?って勝手に判断して、術後半年経ってからは、それを使っての膣洗浄を行っています。

4本入りで600円~800円くらいです。

ページのトップに戻る

女性器(膣)を手に入れたのだから…

性交渉に向けたダイレーション

日本人男性の平均値が、勃起時で長さ約13.5cm、太さが約33mmと言われています。
パートナーが居る居ないに関わらず、膣の深さや太さを拡張しておいて損することはありません。
そんなときに利用したいのが、アダルトグッズです。

表面がツルツルのダイレーターで日本人男性の標準をクリアーできたとしても、実際のペニスにはカリの部分があったり、ちょっと反っていたりなど形は複雑です。なので、いざ性交渉をしようと思っても、今までに膣に感じたことのない形のモノが挿入されることになります。

思いがけない痛みや、感じたことのない性感に焦って緊張してしまうと、膣をキュッと絞めてしまうことになり、パートナーがそのことに気付けず夢中になってしまっていたら、力任せにねじ込んでくるかもしれません。

こんな状態になったら、性感に溺れるなんて不可能。単なる拷問です。
そうならないためにも、自分の膣を過信せず、男性器を模したアイテムを使ってダイレーションや拡張を行っておくことを強くオススメいたします。

べ、別に……経験者は語る、ってわけじゃないんだから、ねっ!

具体的にどんなアイテムを使用したのかは、次のコーナーから先で紹介しています。

ページのトップに戻る

より気持ちの良い性感を得るために

ここから先は、とてもセンシティブな内容になります。
成人している方、または生活している国で定められている年齢に達している方のみ、以下のリンクをクリックして先にお進みください。

ページのトップに戻る